MENU

不飽和脂肪酸の効果や効能は、健康にどういいのか?

不飽和脂肪酸の効果や効能健康を実感した女性のイメージ写真

不飽和脂肪酸が、健康にどのような効果、効能があるのかを紹介します。

 

不飽和脂肪酸の健康への効果、効能としては、悪玉のLDLコレステロールの抑制する効果や過酸化脂質の発生を予防する効果が有名です。

 

この他にも不飽和脂肪酸は、下記のような効果が期待できます。

 

 

  • 動脈硬化の予防
  • 高血圧の予防
  • アトピー性皮膚炎などの改善
  • アレルギー症状を和らげる
  • 記憶力や学習能力の向上
  • 血液をサラサラにする
  • 悪玉コレステロールを減らす
  • カラダを動かす為のエネルギー源になる
  • 身体を作る成分となる

 

以上のように不飽和脂肪酸には、色々な効果、効能が期待できます。
それぞれの詳しい内容は、下記で紹介します。

 

 

動脈硬化の予防

不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールのLDLを減らす効果があります。この為、血管中の血栓が出来にくくすることによって、動脈硬化が起こりにくくなる効果が期待できます。

 

高血圧の予防

不飽和脂肪酸は、動脈硬化の予防と共に、高血圧にも効果が期待できます。特に、不飽和脂肪酸の中でも多価不飽和脂肪酸のn-3系のαリノレン酸という必須脂肪酸やDHAが、高血圧の予防などに効果が期待できるようです。

 

アトピー性皮膚炎などの改善

アトピー性皮膚炎の人は、不飽和脂肪酸の多価不飽和脂肪酸のn-3系列のγ-リノレン酸が、改善する効果があると言われています。

 

アレルギー症状を和らげる

不飽和脂肪酸の多価不飽和脂肪酸のn-6系のγ-リノレン酸、n-3系列のEPAには、アレルギーの症状を和らげる効果があると言われています。

 

記憶力や学習能力の向上

不飽和脂肪酸の多価不飽和脂肪酸のn-3系のDHAやα-リノレン酸は、脳を活性化させます。特にDHAは、記憶力や学習能力を高めると言われています。

 

血液をサラサラにする

不飽和脂肪酸は、常温でも液体であったり、柔らかい状態です。この為、体内に取り込まれた時は、サラサラの状態になるので、血液をサラサラにする効果が期待できます。また、血液中の悪玉コレステロールを低下させるので、血管の詰まりを予防する効果がきたいできます。

 

悪玉コレステロールを減らす

不飽和脂肪酸の一価不飽和脂肪酸のオレイン酸は、悪玉コレステロールを減らす作用があります。また、多価不飽和脂肪酸のDHAやEPA、アラキドン酸、γ-リノレン酸も悪玉コレステロールを減らす作用があります。ただし、悪玉コレステロールを減らすからと言って不飽和脂肪酸を大量に摂りすぎると善玉コレステロールも減らす事になるので注意が必要です。

 

カラダを動かす為のエネルギー源になる

不飽和脂肪酸は、脂質として高いエネルギーを持っています。この為、体を動かすときのエネルギー源となります。ただし、大量に不飽和脂肪酸を摂取しすぎると、エネルギーとして使いきれずに、肥満の元になるので注意が必要です。

 

身体を作る成分となる

不飽和脂肪酸などの脂質も体を作る時の原料としても使われます。

 

 

 

>>> 不飽和脂肪酸を多く含む食品の詳細はコチラ