MENU

不飽和脂肪酸は、どのような種類があるのか?

不飽和脂肪酸の種類を表すイメージ写真

不飽和脂肪酸とは、まずは、大きく分類すると「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」の2種類に分類することが出来ます。

 

一価不飽和脂肪酸とは?

一価不飽和脂肪酸の主だった脂肪酸は、「オレイン酸」です。オレイン酸の効果は、血液中のLDLの悪玉コレステロールを減らす事です。この他にも循環器系の病気になるリスクを減らす可能性があります。

 

一価不飽和脂肪酸のオレイン酸を含む食品

一価不飽和脂肪酸のオレイン酸を含む食品としては、オリーブオイル、ヒマワリ油、サフラワー油などの油とヘーゼルナッツやマカダミアナッツなどのナッツ類です。

 

 

多価不飽和脂肪酸とは?

多価不飽和脂肪酸は、さらに細かく「n-3系不飽和脂肪酸」と「n-6系不飽和脂肪酸」の2種類に分類することが出来ます。

 

n-3系不飽和脂肪酸とは?

n-3系の不飽和脂肪酸は、さらに、主な脂肪酸の種類によって「αリノレン酸」、「DHA」、「EPA」の3種類に分類することが出来ます。ちなみに、この「αリノレン酸」、「DHA」、「EPA」は、必須脂肪酸です。

 

αリノレン酸の効果と多く含まれる食品

n-3系の不飽和脂肪酸のαリノレン酸は、高血圧や癌、アレルギーなどを予防する効果があると言われています。また、心臓の血管が関係する疾患の予防にも期待できます。αリノレン酸が多く含まれている食品は、亜麻仁油、ごま油、シソ油、菜種油の油やクルミなどが有名です。

 

DHAの効果と多く含まれる食品

n-3系の不飽和脂肪酸のDHAは、高血圧や高脂血症の予防や脳の働きを正常に保つための効果が期待できます。DHAが多く含まれている食品としては、アンコウの肝、マグロの脂身、ウナギ、サバなどが有名です。

 

EPAの効果と多く含まれる食品

n-3系の不飽和脂肪酸のEPAは、必須脂肪酸で、血液が固まるのを防ぐことで、血栓ができるような動脈硬化や高脂血症を予防する効果が期待できます。また、悪玉コレステロールのLDLを減らす効果も期待できます。EPAが多く含まれている食べ物は、DHAと似ており、サバやアンコウの肝、ウナギなどです。さらに、鮭にもEPAが多いと言われています。

 

 

n-6系不飽和脂肪酸とは?

n-6系不飽和脂肪酸は、脂肪酸の主だった種類としては、「リノール酸」、「γリノレン酸」、「アラキドン酸」の3種類に分類することが出来ます。

 

 

リノール酸の効能と多く含む食べ物

リノール酸は、血液中のコレステロールを下げることで、動脈硬化の予防する効果が期待できます。リノール酸が多く含まれている食品としては、大豆油、ひまわり油、サフラワー油、コーン油などの油です。

 

γリノレン酸の効能と多く含む食べ物

γリノレン酸の期待できる効果、効能としては、血圧や血糖値、血中コレステロールを減少させる働きです。γリノレン酸は、母乳、くじら、カラスミ、月見草の油や種子などに含まれています。

 

アラキドン酸の効能と多く含む食べ物

アラキドン酸に期待できる効能や効果としては、免疫機能を調整する働きです。また、乳児や胎児にとっては発育をサポートする成分であるとも言われています。アラキドン酸を含む食品としては、豚のレバーやからすみ、さわら、たまごの卵黄などです。

 

 

以上のように、不飽和脂肪酸と言っても色々な種類があります。

 

 

不飽和脂肪酸と言えば、基本的に多くの場所で取り上げられるのが、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸です。ここでは、さらに、どのような効果や効能が期待できるのかと言った点に踏み込んで不飽和脂肪酸の種類を紹介する為に、脂肪酸の種類ごとの効果、効能や多く含まれる食品まで紹介しました。

 

 

 

>>> もっと沢山の不飽和脂肪酸を多く含む食品の種類が知りたいなら詳細はコチラ